指輪の相場・人気・デザイン・選び方など
ジュエリーにまつわるお役立ち情報

婚約指輪・結婚指輪コラム

ブライダルジュエリー専門店として20年以上40万組以上のお客様と接してきたブランドだからこそ、お客様のちょっとした疑問や知っておきたいことをコラムとしてまとめました。
婚約指輪や結婚指輪を選んでいる最中の人はもちろん、これから選ぼうと考えている人も、是非参考にしてください。

「婚約指輪」と「結婚指輪」の重ねづけってどうやるの?

婚約指輪と結婚指輪の重ねづけ

一般的に婚約指輪は結婚指輪よりも高額なものですが、日頃から身につける機会が少なくて残念ですよね。
せっかくなら、婚約指輪も結婚指輪も一緒に使いたい! と思う方も多いはず。
そんな中、最近では重ねづけすることを前提に、婚約指輪や結婚指輪を購入するカップルが増えています。ジュエリーショップの中には、婚約指輪と結婚指輪がセットになって販売されているものもあるほど。今回は、婚約指輪と結婚指輪を重ねづけするメリットやデメリット、重ねづけするときのポイントなどをご紹介していきます。

婚約指輪と結婚指輪を重ねづけするメリット・デメリット

銀座ダイヤモンドシライシの婚約指輪と結婚指輪のセットリング「Bouquet」

婚約指輪と結婚指輪を重ねづけする大きなメリットは、シンプルなデザインの結婚指輪とデザイン性の高い婚約指輪を重ねづけすることで、手元にボリュームが出て華やかな印象を与えることができるということ。
パーティや式典などのフォーマルシーンはもちろん、普段の装いのときでも手元に女性らしい上品なイメージを持たせることができます。
なかなか活躍の場が少ない婚約指輪を普段使いできるというのもメリットのひとつですね。

一方、重ね付けのデメリットは、指輪同士がぶつかって傷がついてしまう恐れがあるということです。普段使いをしていれば、多少の傷や凹みは仕方のないものですが、十分に気を付けるようにしましょう。
また、重ねづけすることを前提に選んでいないと、指輪同士のコーディネートが上手くできないこともあります。さらに、重ねづけすることを前提に選ぶと、内側につける指輪はやや大きめのサイズにすることになるので、それぞれで使うときに少し緩かったり、外れやすかったりしてしまうことも。
これからのメリット・デメリットをしっかり考えてから、指輪を選ぶことが大切です。
「銀座ダイヤモンドシライシ」のセットリングは重ね付けを前提に作っているため、コーディネートが上手くできない、“普段使いを気にしないといけない”ということはないので安心してください。
セットリングの商品一覧ページへ

「婚約指輪」と「結婚指輪」を重ねづけするときのポイント

銀座ダイヤモンドシライシの婚約指輪と結婚指輪のセットリング「Ino」

婚約指輪と結婚指輪を重ねづけするときは、どちらも左手の薬指につけるのが一般的です。
そのとき、結婚指輪が内側、婚約指輪が外側になるように組み合わせましょう。
これには、結婚の証である結婚指輪を、結婚という契約を結ぶことを意味する婚約指輪でロックするという意味が含まれています。

婚約指輪と結婚指輪を重ねづけすることは、単純に手元のコーディネートを楽しむだけでなく、こういった素敵な意味が込められているのです。
左手の薬指に美しく輝く2つのリングは、2人の幸せな未来と愛を示してくれます。

婚約指輪と結婚指輪を重ねづけしたいと思ったら、2つの指輪のバランスを考えて購入することが大切です。婚約指輪だけ大きなダイヤモンドがついた豪華なもので、結婚指輪は何も飾りのないシンプルなものだと、重ねづけしたときの印象にバラつきが出てしまいます。
手元を美しく演出するためには、婚約指輪と結婚指輪のイメージを統一することが重要なポイントです。
購入をする際には、実際に重ねづけをしてきちんと2つのバランスを確認しておきましょう。また、重ねづけをしたいことをスタッフにきちんと相談をすることも重要です。
ブライダルリングのプロの意見を参考にすることで、素敵な手元の指輪コーディネートをすることができます。