指輪の相場・人気・デザイン・選び方など
ジュエリーにまつわるお役立ち情報

婚約指輪・結婚指輪コラム

ブライダルジュエリー専門店として20年以上40万組以上のお客様と接してきたブランドだからこそ、お客様のちょっとした疑問や知っておきたいことをコラムとしてまとめました。
婚約指輪や結婚指輪を選んでいる最中の人はもちろん、これから選ぼうと考えている人も、是非参考にしてください。

婚約指輪と結婚指輪の兼用は可能? メリット・デメリットとは

婚約指輪と結婚指輪の兼用のメリット・デメリットのイメージ

「婚約指輪」と「結婚指輪」はそれぞれ目的や意味合いが異なるため、やはりどちらも購入したいと考える人は多いもの。 しかし、この2つを購入するとなると、決して安い買い物ではないので金銭的な問題などからどちらも用意するのは難しい場合もあるでしょう。「婚約指輪と結婚指輪を兼用したいけど大丈夫なのかな?」と思う方も多いのではないでしょうか。 そこで今回は、婚約指輪と結婚指輪を兼用する際のメリットやデメリットについて紹介していきます。

婚約指輪と結婚指輪を兼用するメリット

銀座ダイヤモンドシライシのエタニティリング「カルレ」

婚約指輪と結婚指輪を兼用する際のメリットとして最も大きなものは「金銭面」の負担が大きく軽減されること。
兼用指輪を選び費用を浮かせることで、結婚式や新婚旅行・新生活の準備などに予算を多くまわすことができます。

婚約指輪と結婚指輪を兼用するリングは、一般的な婚約指輪と違っていつも身につけられるというのも嬉しいメリット。
婚約指輪と結婚指輪の兼用タイプの指輪はダイヤが付いているものでも日常生活に支障がないようなデザインが採用されているため、安心して普段使いをすることができます。

また、兼用タイプの指輪は、どんなファッションでも合わせやすいのも大きな魅力のひとつ。
エタニティやハーフエタニティタイプの指輪なら、結婚式や入学・卒業式のようなフォーマルシーンにも相応しいですし、普段のカジュアルな格好にも違和感なく使うことができます。
エタニティリングの一覧ページへ

婚約指輪と結婚指輪の兼用のデメリットとは?

銀座ダイヤモンドシライシの婚約指輪(エンゲージリング)「セント・グレア」

婚約指輪と結婚指輪はそれぞれ持つ意味合いが違うもの。
婚約指輪には「結婚の約束を形にする」という「愛情の証」があり、結婚指輪には「夫婦として一生を歩んでいく」という「誓い・祈り」を表すという意味合いがあります。

そのため指輪を兼用にしてしまったことで、結婚後に「やっぱり婚約指輪をもらいたかった……。」「贈ればよかった……。」という後悔を引きずってしまうカップルも実は少なくありません。

購入時には「1つでいい」と思っていても数年後に後悔し、不満が生活に支障をきたしてしまうケースもあるため、しっかり相手と気持ちを話し合うことが大切です。
また、兼用指輪の場合はエタニティなど華やかなデザインのものを選ぶことが多いため、弔事の際に着用できないという場合も。
とくに親戚の弔事のときなどに結婚指輪を付けられないというのは、大きなデメリットと感じてしまう方も少なくありません。
このような場合を避けるためには、弔事の場面でも使えるようなシンプルデザインのものを選ぶことがオススメです。

また、結婚式の一番の見せ場といっても過言ではない「指輪交換」の際に、光り輝く女性のリングと男性のリングでは釣り合いが取れないのではないかと不安に思うカップルもいます。
しかし、大抵の場合は参列者に指輪の違いなどは判別が付かないため、本人たちが気にならなければ問題はありません。

婚約指輪の一覧ページへ

婚約指輪と結婚指輪の兼用は二人で相談するイメージ

婚約指輪と結婚指輪の兼用には良い面もあり悪い面もあるのが事実です。 あとで後悔をしないようにするためにも、2人でよく話し合い、お互いが一番大切にするポイントを抑えて指輪のスタイルを選択していきましょう。