EPISODE

ダイヤモンドの輝きに、お互いへの永遠の愛を誓う結婚指輪

結婚して夫婦になったとしても、もともとはまったく違う人生を歩んできた別人です。常に相手を思いやり尊重しあえる関係を保っていくことは、夫婦円満の秘訣とも言えるでしょう。
ダイヤモンドの永遠の輝きのように、相手への色あせない想いを大切にしていきたい……おふたりが選んだ結婚指輪には、そんな願いがこめられているかのようです。

Voice

お互いを尊重し合い、成長し続ける夫婦でありたい

おふたりの出会いは学生時代。大学で同じ講義を受講していたときに、お互いにひかれあったのがなれそめだったそうです。落ち着いた雰囲気のおふたりですが、結婚指輪を手に取っていただいたときの笑顔がとても素敵で印象的でした。
そんなおふたりは、「常にお互いを尊重し合い、成長し続けられる夫婦でありたいです」と、結婚後もお互いを大切にしていきたいという想いを聞かせてくれました。(坪井 康一郎 様・坪井 絢香 様)

Rings

ダイヤモンドの輝きは「きれい」の一言!

おふたりのイメージに合わせてご提案させていただいた結婚指輪は、ブーケのリボンが一周巻き付いているように見えるデザインのリング。側面にも回り込むようにデザインされていて、肌なじみが良く、どこから見ても美しいリングです。
レディースのマリッジリングにはメレダイヤが柔らかいラインで入っていて美しく輝きます。「デザインがどれも素敵でしたが、私達のイメージに合うものをすぐにコンシェルジュの方が選んでくれたので、迷うことなく即決しました」というお声を頂戴しました。

結婚指輪「Bouquet」の詳細ページへ

前のページへ戻る
memorialalbum
ページトップ