EPISODE

永遠に続く「ふたりの物語」を輝くブライダルリングとともに……

童話のお姫さまと王子さまは、結ばれたところで物語はおしまい。その先が語られることはありません。その後のふたりにも予想しなかったような困難が訪れることもあったでしょう。だけどそれでも、「いつまでも幸せに暮らしました」いう結びの言葉の通り、ふたりは手を取り合って幸せに過ごしたのではないでしょうか。
そんな「happyily ever after」という言葉をモチーフにしたブライダルリングには、結婚というひとつのハッピーエンドを経て、これから先もふたりの物語が永遠に続いていくようにという願いが込められています。

Voice

リラックスして過ごせる温かな家庭を築きます

ご友人の開いた飲み会で知り合い、お付き合いが始まったというおふたり。その後、出張の際や、ケガで入院なさった際に支えてくれたご新婦様に、ご新郎様からプロポーズしてゴールインとなったそうです。
そんなおふたりは、これからは良き家族として、支え合って歩んでいかれることでしょう。
「気を張らず笑いが絶えない家庭を築きたいです。将来はうさぎを飼います」(M.S 様・N.S 様)

Rings

婚約指輪に想いを込めてプロポーズ

サプライズでプロポーズするにあたって、ご新郎様がダイヤモンドの品質にこだわって選んだ婚約指輪は「Ever after(エバーアフター)」。童話の結び言葉「いつまでも幸せに暮らしました」を意味するhappyily ever afterから名づけたこのリングは、ふたりが手をつなぐ様子をモチーフにしたデザイン。こんな意味合いがおふたりにぴったりだと感じたのがご購入の決め手となったそうです。その後、結婚指輪も同じ「Ever after」からお選びいただきました。この指輪の名前の通り、末永くお幸せに暮らしていかれることを祈っています。

≫婚約指輪「Ever after」の詳細ページへ
≫結婚指輪「Ever after」の詳細ページへ

前のページへ戻る
memorialalbum
ページトップ