EPISODE

ダイヤモンドの輝きはおふたりの確かな想いの証

おふたりの人生にとって、結婚は大きな節目となるタイミング。そのときに抱いた強い想いは、これから先の人生をともに歩んでいく上で大きな支えとなってくれるでしょう。ブライダルリングのダイヤモンドの永遠の輝きは、結婚したときのおふたりの想いの象徴とも言えるでしょう。その輝きは、おふたりの幸福とともに、いつまでも続いていくのです。

Voice

結婚後もお互いを大切にしあえる関係でいたいです

職場が同じだったというおふたり。憲生様の猛アタックの末、聖子様のハートを見事射止めてゴールインすることになったそうです。
幸せいっぱいな笑顔を見せてくれたおふたりは、これから先の結婚生活も常に笑顔で、お互いを想い合いながら歩んで行かれることでしょう。
「お互いを大切にし合える、笑顔の絶えない楽しい家庭にしたいです」(長谷川 憲生 様・山本 聖子 様)

Rings

長谷川 憲生 様・山本 聖子 様

おふたりには、エンゲージリング「Ever after(エバーアフター)」と、マリッジリング「Creer(クレール)8ML」をお選びいただきました。
童話の結び言葉「いつまでも幸せに暮らしました」を意味する「happily ever after」から名づけられた婚約指輪は、ふたりが手をつなぐところを表現した、ダイヤモンドの輝きを最大限に引き出すデザイン。「信じる」という意味を持つマリッジリングは、お互いを信じる気持ちをいつまでも大切にしたいという二人の想いをミル打ちに込めたデザインです。
シンプルなデザインとダイヤモンドの輝きにとてもご満足いただけました。

≫婚約指輪「Ever after」の詳細ページへ
≫結婚指輪「Creer 8」の詳細ページへ

前のページへ戻る
memorialalbum
ページトップ