EPISODE

着ける向きで二通りの表情を楽しめるマリッジリング

マリッジリングは結婚後、日常的に身につけることになるジュエリーですが、気分やファッションによって指輪の印象を変えたいという声は、特に女性には少なくありません。上面部にデザインが入ったリングなら、着ける向きでゴージャスな印象とシンプルな印象を使い分けることができます。日々、新鮮な気持ちでマリッジリングに向き合いたいという方におすすめなタイプです。

Voice

なんでも話せる関係でいたいです!

職場で出会い、互いに惹かれ合って結ばれたというおふたり。明るい笑顔から幸せいっぱいな気持ちが伝わってくるようでした。
これからは家族として、おふたりで支えあいながら一緒に歩んでいかれることでしょう。
「なんでも話せて、笑顔のたえない家族になりたいです」(Y 様・M 様)

Rings

シンプルながらも表情豊かなマリッジリング

おふたりが時間をかけて選んだマリッジリングは「Plume(プリューム)ストレート」。Plumeは「羽」を意味する言葉で、ストレートタイプは天使の輪とふたりを見守る輝くオーラを表現したデザインになっています。
レディースは上面部分にのみメレダイヤモンドを配しており、着ける向きによってゴージャスなエタニティリングとして、またシンプルなストレートリングとして、2つの表情を楽しむことができます。メンズの上面部分にはつや消し加工が施され、男性らしい落ち着いた印象を演出します。シンプルながらも凝ったデザインに「これぞ求めていたもの!」というお言葉を頂戴しました。

≫結婚指輪「Plume」の詳細ページへ

前のページへ戻る
memorialalbum
ページトップ