指輪の相場・人気・デザイン・選び方など
ジュエリーにまつわるお役立ち情報

婚約指輪・結婚指輪コラム

ブライダルジュエリー専門店として20年以上40万組以上のお客様と接してきたブランドだからこそ、お客様のちょっとした疑問や知っておきたいことをコラムとしてまとめました。
婚約指輪や結婚指輪を選んでいる最中の人はもちろん、これから選ぼうと考えている人も、是非参考にしてください。

いつからつけていいの? 結婚指輪をつけるタイミング

結婚指輪をつけ始めるタイミングイメージ

結婚指輪をつけ始めるタイミングはいつからがよいのでしょうか。
婚約指輪をつけ始めるのは、プロポーズからとわかりやすいですが、結婚指輪はカップルによってつけ始めるタイミングは様々です。今回は、結婚指輪をつけるタイミングとそのための購入時期についてご紹介いたします。

■どうしてつけ始める時期がバラバラなの?

つけ始める時期のイメージ

以前は、挙式で指輪の交換をしてからつけるカップルが多かったようです。
ですが、最近は結婚前から同棲していたり、挙式をせずに入籍だけで済ませたり、婚約指輪は省略して結婚指輪だけを購入するカップルも増えています。そのため、挙式以外のタイミングを「結婚のスタート」と考えるカップルも多いのではないでしょうか。
また、全く別の理由として、神前式で結婚する場合、指輪の交換の儀式は行わないので、自分達で決める必要があります。

■いつからつけ始める人が多いの?

クリーニングサービスイメージ

一般的には下記の4パターンが多いようです。

・挙式で指輪の交換をしてからつける
・挙式前でも入籍した日からつける
・購入したらすぐつける
・購入後、見せたい人に会うタイミングでつける

やはり、現在も結婚式を節目として、結婚指輪をつけたいと考えているカップルは多いようです。既に同棲しているカップルは、入籍した日からつけることで、「同棲」から「結婚生活」へ気持ちが切り替わるのではないでしょうか。また、両親やお友達など、結婚したことをいち早く報告したい人達に会うタイミングで、結婚指輪をつけるカップルも多いようです。
結婚式前からつける場合は、式の直前に指輪を購入したお店で磨いてもらってください。結婚指輪を扱うお店であれば、そのようなサービスを設けているところがほとんどです。ピカピカの結婚指輪で挙式を迎えましょう。

■結婚指輪はいつ頃までに買えばいいの?

結婚指輪はいつ頃までに買えばいいイメージ

結婚指輪の購入時期は、結婚式の7ヶ月前~3ヶ月前までに購入するのが一般的です。極端な話をすれば、結婚指輪は式に間に合えば問題ありません。ですが、結婚式の3ヶ月前からはかなり準備が忙しくなるので、余裕をもって用意しておきましょう。
また、ファッションブランドの既製品であればその場で受け取れますが、それ以外は製作期間として1~3ヶ月かかります。既製品でも、サイズが合わない場合はサイズ合わせの加工の時間が必要です。ブライダルリング専門店での購入や、オーダーメイドを検討している場合は、受注生産制なので制作期間がどのくらいかかるかあらかじめ確認しておきましょう。
結婚式の写真撮影では、二人が結婚指輪をはめた手をアップにしたカットも撮ります。その際に、指輪が間に合わなかった……ということがないようにしましょう。
結婚式以外にも、入籍や家族・友人との食事会の日取りなど、指輪が必要な日に間に合うようにしたいですね。

結婚指輪を購入するイメージ

普段のお買い物ではパッと決められる人でも、結婚指輪となると迷ってしまう場合も多いようです。購入までにいくつものお店を見たり、何回か通ってやっと決められる場合もあります。二人で決めた「結婚指輪をつけるタイミング」に間に合うよう早めに購入の準備をして、素敵な結婚生活をスタートさせてくださいね。