指輪の相場・人気・デザイン・選び方など
ジュエリーにまつわるお役立ち情報

婚約指輪・結婚指輪コラム

ブライダルジュエリー専門店として20年以上40万組以上のお客様と接してきたブランドだからこそ、お客様のちょっとした疑問や知っておきたいことをコラムとしてまとめました。
婚約指輪や結婚指輪を選んでいる最中の人はもちろん、これから選ぼうと考えている人も、是非参考にしてください。

華やかな印象になる! 結婚指輪に施すメレダイヤとは?

メレダイヤモンドが入っている結婚指輪

左手の薬指に輝く結婚指輪は女性の憧れですよね。飾りがないシンプルなデザインを好む方もいますが、ダイヤモンドがきらりと光る華やかなデザインのものを身に着けたい! という方もいるでしょう。
結婚指輪にもダイヤモンドを施す方は多く、一般的には「メレダイヤ」と呼ばれる小さなダイヤモンドが多く選ばれています。メレダイヤだけで見ると、小さく控えめな印象がありますが、実際にシンプルな結婚指輪につけると、指輪のイメージをグッと華やかにする存在感が魅力です。メレダイヤは、結婚指輪はもちろん、婚約指輪でもとても活躍しているダイヤモンド。そんな人気者のメレダイヤを使った結婚指輪の魅力をご紹介していきます。

メレダイヤ付き結婚指輪のいいところは?

ダイヤモンド

結婚指輪は、なるべく飽きが来ないようにシンプルで装飾を省いたものを選ぶという方もいますが、メレダイヤの施されたデザインを見るとその華やかさの差は一目瞭然です。
どんなに小さくても、永遠の輝きを誇るダイヤモンドに違いはありません。光を集めて、キラキラと美しい輝きを放つメレダイヤは、夫婦の宝物となる結婚指輪を彩ってくれます。
 
また、婚約指輪と結婚指輪を重ね着けして楽しみたいとお考えの方には、さらにメレダイヤの結婚指輪がオススメです。
大きなダイヤモンドがあしらわれた婚約指輪に対して、メレダイヤを結婚指輪にあしらうことで、婚約指輪の輝きに合わせることができるので、バランスよく手元を上品に演出してくれるのです。「銀座ダイヤモンドシライシ」では、メレダイヤをセットしなくても、婚約指輪と結婚指輪を重ねて着けることを前提にデザインされたセットリングを業界に先駆けて開発しました。婚約指輪と結婚指輪の二本でひとつのデザインになり、一本の指輪のように着けることができるので、結婚後も人生の様々な場面で日常的に楽しむことができます。
さらに、メレダイヤがあることで、着け続ける中でリングの地金についた傷が目立ちにくくなるといったメリットも。
普段から身に着ける結婚指輪はどうしても細かな傷がつきものですが、目立たなくなるというのはとても嬉しいポイントです。

セットリング一覧はこちら

しっかりと埋め込まれているタイプなら取れにくい!

しっかりした指輪を作っているイメージ

メレダイヤが大きく張りだしているようなデザインだと、日常生活の中で引っ掛けたりダイヤが取れてしまったりする恐れがあります。どうしても心配だという場合には、洗濯や掃除などの家事を行うときには外しておくことをオススメします。
 
ブライダルジュエリー専門店の「銀座ダイヤモンドシライシ」では、ダイヤモンド・プラチナをはじめとして、ブライダルリングに相応しい厳選した素材を使用しており、日常使いも考慮してリングの加工に関しても小さな爪ひとつにも決して妥協せず、完成度を極めています。そういった取り組みは、ブライダルリングという人生で最高の宝物を扱っているという誇りと責任をもっているからであり、創業以来40万組以上のお客様に信頼して頂いた専門店の証となっています。

指輪の品質・特徴について

お葬式のときはどうする?

年を重ねると、お葬式に参列することも増えるでしょう。このとき、キラキラと華やかすぎる結婚指輪は失礼にあたることも。そんなときのために、メレダイヤを指輪の半周ほどあしらったハーフエタニティというデザインを選ぶ方も多いです。
ハーフエタニティならリングの半分までにしかメレダイヤがついていないので、ダイヤがついているほうを手の平側に回してしまえばシンプルな結婚指輪に見せることができます。

エタニティ・ハーフエタニティのリングはこちら

メレダイヤが埋め込まれた結婚指輪は、普段のコーディネートや手元をグッと品の良い大人な装いに引き上げてくれる素敵なアイテムです。
キラキラと光り輝く結婚指輪に夫婦の幸せと愛を託しましょう。