ニュース

【TV CM公開】恋愛映画の名手、「行定 勲」監督作品

すべての女性が憧れるプロポーズの瞬間を、美しい映像と豊かな感情描写で表現

行定監督ならではの「卓越した演出力と映像センスで、役者の潜在力を最大限に引き出す」まるで映画を見ているかのような作品。ダイヤモンドの輝きにこだわり続ける「銀座ダイヤモンドシライシ」のリングが、ふたりの永遠の愛の証として、映像美のなかに存在感を放ちます。

「夜景の輝き」篇スペシャルバージョン

出演者プロフィール

【大西 礼芳(おおにし あやか)】
1990年三重県出身。舞台「不道徳教室」、映画「幕が上がる」・「イニシエーションラブ」・「アリエル王子と監視人」、ドラマ「花子とアン」・「美女と男子」・「白鳥麗子でございます!」他、多数

【油木田 一清(ゆきた いっせい)】
1992年熊本県出身。舞台「LOOP THE LOOP~飽食の館~」・「Re:黄金郷~中田氏は高慢で候~」、映画「うつくしいひと」・「弥生の虹」・「SNOW GIRL」、テレビ「オモクリ監督」他、多数

「海の輝き」篇 スペシャルバージョン

出演者プロフィール

【鮎川 桃果(あゆかわ ももか)】
1991年東京都出身。舞台「宮本武蔵(完全版)」・「五反田団pion」、映画「恋とサヨナラとハワイ」・「宇田川町で待っててよ」、ドラマ「男と女のミステリー時代劇」・「学校のカイダン」他、多数

【大和 孔太(やまと こうた)】
1994年熊本県出身。舞台「天国の脚本家 冴嶋コーキ」、映画「脱脱脱脱17」、ドラマ「忠臣蔵の恋~四十八人目の忠臣~」「死幣ーDEATH CASHー」・「人形佐七捕物帳」・「きんぴか」他、多数

行定監督 コメント

ダイヤモンドは「ブリリアントカット」という石を何面にも加工する技法によって、光が内部で乱反射し、その輝きはダイヤモンドが奥から光っているように感じます。ダイヤモンドにたくさんの面があるように、プロポーズをする男性も、それを受ける女性の表情も、人それぞれ違います。今回の作品では「多面的で奥行きのある、二人だけの特別な輝き」を表現したいと思いました。また、これを見た人が、「自分にもこの瞬間が訪れるかもしれない」と想像できるリアルさを演出するため、オーディションでは、演技力にこだわり女優を選びました。アップでは映っていない、男性側の喜びの表情にもこだわりました。今回この映像はともに、映画のクライマックスをすごく凝縮した、まるで短編映画を見ているかのような作品となっています。

行定 勲(ゆきさだ いさお)監督 プロフィール

1968年熊本県出身。
助監督として林海象監督や岩井俊二監督の作品に参加し、長篇第1作「ひまわり」(2000年)で第五回釜山国際映画祭にて国際批評家連盟賞を受賞し、演出力のある新鋭として期待を集める。「GO」(2001年)では日本アカデミー監督賞をはじめ国内外の50の賞に輝く。その後「贅沢な骨」(2001年)「ロックンロールミシン」(2002 年)を発表、2004年には「きょうのできごと」そして、大ヒットした「世界の中心で、愛をさけぶ」が、観客動員620 万人、興行収入85 億円を記録する。2005年には吉永小百合主演の大作「北の零年」、三島由紀夫の小説の映画化「春の雪」が公開された。2010年には「今度は愛妻家」が公開され、芥川賞作家吉田修一氏原作「パレード」(2010年)にてベルリン国際映画祭パノラマ部門国際批評家連盟賞を受賞するなど海外での高い評価を得る。その後、「つやのよる ある愛に関わった、女たちの物語」(2013年)、「円卓 こっこ、ひと夏のイマジン」(2014 年)、「真夜中の五分前」(2014年)、「ピンクとグレー」(2016年)と長篇作品を発表し、最新映画として、松本潤、有村架純の共演で、島本理生の恋愛小説「ナラタージュ」が2017年秋公開予定。

CM使用アイテム

「夜景の輝き」篇

CM「夜景の輝き」の婚約指輪(エンゲージリング)と結婚指輪(マリッジリング)のセット着用シーン

「海の輝き」篇

CM「海の輝き」の婚約指輪(エンゲージリング)と結婚指輪(マリッジリング)のセット着用シーン

ラストカット

テレビCMラストカットで移っている婚約指輪(エンゲージリング)

2016年10月11日